2013年05月05日

ジョグに側車を取り付けました=小さいサイドカー

浅間 018.JPG浅間 028.JPG浅間 後部.jpg浅間 022.JPGヤマハジョグにレーシングカートのフレームを取り付けて原付サイドカーを作りました。せっかくレーシングカートのフレームですから側車にジョグの操舵装置(バーハンドル)を取り付けて、側車で運転することにしました。本車のジョグの前・後輪の懸架装置と側車輪の懸架装置がバランス取れた乗り心地の良いものになりました。カートのような路面をダイレクトに感じたい方には歯がゆいと思います。この構造は側車付二輪のサイドカーですから総排気量50cc超えて125cc以下の軽二輪登録が出来ますので定員2名又は3名が可能なので、これからの計画に入れておきたいと考える夕暮れです。
車いすを折りたたんでシート後方に積み込んで走行可能なスペースがありますので、下肢障害などで二輪スクーターを利用できない方に、一度は試乗して戴きたいと思っています。
[届出] 構造は原付50t以下の側車付二輪ですから原付二輪となります。
[運転免許]側車に操舵装置があり、側車を外して二輪走行不可にため「総排気量50t以下の普通自動車」となりますから、普通免許資格が必要です。もちろん最高速度60キロメートル/毎時の車両・ヘルメット着用対象外車両・二段階右折対象外となります。
[注意事項] 車両構造と標識・車両構造と運転免許の管轄が異なるためこのようになります。この車両をミニカー登録することは違法届出となります。


posted by tanosii50cc at 10:29| Comment(1) | TrackBack(0) | 車椅子利用者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月27日

帰ってきたYSR80 サイドカー

YSR80-1試乗会に使ったYSR80 KUMAGAYA 製サイドカーが返ってきた。1987年製の古い車両だが、軽自動車二輪登録された車両である。ただし本車が定員1名でサイドカーはニーラタイプなので定員をとっていないので1名乗車なのである。高速道路の通行章が手元にあるが最低速度違反が怖くてためらっている。YSR80-6試乗会でカーの先端をぶつけ痛々しいガムテープで補修されている、走るには影響ないようだ。YSR80-9クマガヤのステッカーが懐かしい
posted by tanosii50cc at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ・バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月29日

ジョグ49t補助輪付は、法定速度60qのミニカー登録だった。

ジョグ4平面
補助輪を付けた状態を上から見た平面写真
左右の補助輪接地面中心間の輪距が50pを超えていることが、ミニカー登録標識の対象理由で運転免許もミニカー(総排気量50t以下の普通自動車)となり、法定速度60qとなりましたが、通勤時間帯のバス路帯を走るのは、走行車線帯通行違反にはまいったなー、これが安全運転重視の道路交通法の解釈だから
ジョグ4右側面
右側面からのスナップ
ジョグ正面
正面からのスナップ
それでも、市内走行30q走行の原付二輪走行の制限速度からのかいほうはラッキーといった感じだった。
サイドカーといわれる側車付二輪は側車を外し二輪走行可能なら二輪免許車両との法解釈を、ジョグ補助輪付も補助輪を外して二輪走行可能だから原付免許でいいのだと考えたのが、失敗でしたが、「道路交通法の解釈だから」と言われても釈然としませんでしたが、法定速度60qは魅力でした。
このエンジンとフレームをトップカートと合体させる計画です。
posted by tanosii50cc at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ・バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新しい仲間 トップカート購入

中古カートを格安で譲り受けました。トップカート1
フレーム構成がわかりやすい写真をお借りしました。トップカート3トップカート2
ミニカー登録で公道を走らせます。これから車両構成を考えますが125ccまでは段階を踏んで製作したいですね。
posted by tanosii50cc at 03:14| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ・バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月14日

車いすのまま乗り込んで運転出来ますか


アクシス後方カラー
この車両は「下肢障害など車いす等利用者」の二輪免許受験のための適正相談車両として製作され実際に技能試験受車両として利用できます。

また災害や事故で二輪免許車両(側車付を除く)の運転が出来なくなっても、この車両の運転操作が可能であれば、限定条件付き二輪免許での継続可能になることがあります。

また、この車両は車いすを側車に固定することで乗車定員3名を確保されています。
もちろんサイドカーとして健常者が運転して側車に車いす利用者を車いすのまま乗車させて搬送できます。

この車両はヤマハグランドアクシス101ccに側車を取り付けた軽自動車二輪です。

写真をクリックして拡大してみてください
posted by tanosii50cc at 15:42| Comment(1) | TrackBack(0) | クルマ・バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月31日

四輪それとも三輪?こだわりをとれば出力up?

四輪又は三輪のミニカー・マイクロカーなど呼び名はいろいろあるけれど、総排気量50cc以下あるいは定格出力0.6KW以下の出力に不満で悩んでいませんか。

考えたすえに、総排気量50cc超え125cc以下あるいは0.6KW 超え1.0kw以下にエンジン・モーターを置き換えようとすると「車検の問題と車庫証明の問題」が発生することで悩んでいませんか?

しかし、三輪については、選択の余地があります、出力を得ると引き換えにコダワリをすてれば解決可能です。

 総排気量50cc超え125cc以下の三輪自動車として車検や車庫証明の煩わしさに別れを告げて「側車付二輪自動車」の道を選ぶことを考えてみませんか。

 それには、「またがり式の座席、バーハンドル方式のかじ取装置、かつ運転席の側方が解放された自動車」としての構造であれば総排気量250ccまでは車検対象外の軽自動車二輪として高速道路も通行可能です。乗車定員も2名は可能です。

決断すれば、そこまで来ている春を迎えにいけますよ。車両の大きさは守ってください、長さ2.5M以下、幅1.3M以下、高さ2.0M以下
(参照:道路運送車両の保安基準ー省令・告示[側車付二輪自動車]条文)

posted by tanosii50cc at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月24日

メッサーシュミット「KR200 SUPER」を訪ねて

昔西ドイツに「前二輪 後一輪のメッサーシュミット」という車両があって、現在は日本国内にも愛好者の集まりもあるそうです。KR175 KR200 等あるようです。その中でもKR200 の優秀性を世間にアッピールしたホッケンハイム・コースで24時間耐久走行をした空冷2サイクル190cc「KR200 SUPER 」を訪ねてネットの旅をしています。この車両の出力を定格出力に換算するとどうなるのか気になります。
 二人乗りに必要な最小限度の車両かも、あなたもこのかわいい車を探す旅をしてみませんか、楽しい時間を過ごせます。 

posted by tanosii50cc at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月24日

早すぎた?三輪乗用車

1950年代にダイハツビーとフジキャビンという三輪乗用車
があったと聞いた。トヨタ博物館で実物を観ることができ
るらしいい。特にフジキャビンは125ccで二人乗りのFRP
モノコックという車体は時代を先取りしていたと思われるが、どちらも1〜2年で生産中止となったようだ。生活に追われていた時代で早すぎたのかな。いまなら、現在の道路運送車両の保安基準に合うようにすると、側車付二輪自動車として利用できるようだ。
それには
 またがり式の座席
 バーハンドル方式のかじ取り装置
 運転席の側方の解放などの条件をクリアーすること

posted by tanosii50cc at 07:27| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ・バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月17日

道路運送車両の保安基準ー省令・告示ーから

道路運送車両の保安基準ー省令・告示ーの第2条 用語の定義から「三輪自動車」と「側車付二輪自動車」について書き出しわかりやすく表にしてみました。
総排気量50ccを超える「三輪自動車」は、検査対象ですが
側車付二輪自動車は50ccを超え250cc以下であれば検査対象外である。(ただし車両の長さ・幅・高さが基準を超えないこと)

第3号「三輪自動車」と第4号「側車付二輪自動車」の(ロ)について違いを理解できれば楽しく公道を走れる。


用語の定義
posted by tanosii50cc at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ・バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月03日

サイドカーのフレームと外装\\ 車両のシャーシーを考える


海外の RSR Sidecar Racing の
 RSR Prototype Streetの外装スタイルから
 下記のフレームを創造できるだろうか

RSR Sidecar Racing からの写真を紹介

RSR外装






RSRシャーシー






国内にあったら見てみたいな
posted by tanosii50cc at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月30日

BEO77Aヤマハを知っていますか



1978年 画期的な車体構成のマシンが登場
   BEO77A ヤマハ
このマシーンはパッセンジャーの動きに頼ることなくコーナーリングでの安定を保つことを最大の目的として

このような説明書が入った
タミヤ「B2Bレーシングサイドカー」について知っていますか
「BEO77A」と検索するか
http://www.tamiyabase.com をチェックしてみて
 main menu ---- box art----select modelとたどり
プラモデル58017 B2B Racing Side Carをクリックしてみてみませんか

実車がサーキットを走る姿は、
Moto GP(WGP)映像倉庫 ’70年代
 1978年西ドイツGP 250CC +サイドカーの映像に3分20秒から見ることができます

レース仕様サイドカーからは撤退しても公道では十分利用可能な構造ではないかと考えたりしている。

公開特許公報によるとヤマハは1987年5月29日「側車付二輪自動車」として前輪と側輪の間にエンジンを配置して車体重心が車体中央に設定されるように工夫されている車両について届け出ている。

現在の総排気量250cc以下でも十分に利用できるだろう、


日本障害者ライダーズ協会の2006.11.21のブログには
 西独;RSR Sidecar Racing
からのサイドカーを紹介している。
個人的にはchassisをクリックしてRSR Prototype Streetが
バケットシートの仕様なら街のりにも出来て250ccのサイドカーでも十分できる構成構造にみえる。


posted by tanosii50cc at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ・バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月15日

サイドカーのフレームに乗用車のボデーは可能か


五忿爪姥悉とズーマー400.jpg
2007-12-02 本ヤにヤ椅子 後方上から2-1.jpg「道路運送車両法」に定められている側車付二輪自動車は大きく分けて
 二輪に側車を付けた一般にサイドカーと呼ばれるタイプと前一輪又は前二輪の三つの車輪で構成されるトライクと呼ばれるタイプに区分されている。
道路運送車両法に定める一般に呼ばれるサイドカーは
 直進状態において、同一直線状にある2個の車輪及びその側方に配置された1個(複輪を含む)又は2個(二輪自動車の片側の側方に備えたものに限る)の車輪(以下「側車輪」という)を備えた自動車で車両中心線は前後車輪(側車輪を除く)のタイヤ接地部中心を通る直線とされている。
上記構造で側車を外して二輪走行できれば二輪免許、二輪走行不可ならば普通免許と区分されるのが「道路交通法」の解釈である。
サイドカーの構造であれば総排気量50ccを超え総排気量250cc以下で大きさが長さ2.5m、幅1.3m、高さ2mを越えなければ検査対象外軽自動車二輪として乗車定員3名の車両ができる。ミニカーの総排気量50ccで定員1名を考えると、総排気量の自由度があり交通の流れにも乗りやすいとかんがえられる。
又サイドカーのフレームに自由にボデーを乗せてそれが「道路交通法」の普通免許車両であっても車両は「道路運送車両法」側車付二輪自動車に分類されるということになる。
 サイドカーのフレームに乗用車のボデーが成り立つが、バーハンドルにするか、丸ハンドルでは、保安基準が大きく異なるので注意が必要である
 サイドカーにはトライクのような運転席の側方が解放された自動車の定めがないのだ。

参照:道路運送車両の保安基準 省令・告示 第2条定義 側車付二輪自動車、車両中心線

追加参考資料;フリー百貨辞典「ウィキペディア(wikipedia)」目次
8 .日本における法律的要件
8−2 軽二輪のサイドカー
8−3 50cc以下のサイドカー
をみてみるのも良いとおもいます。脚注「4」は必ずチェックしてみてね



posted by tanosii50cc at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 車椅子利用者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月20日

「側車付き原動機付き自転車」の「構造」と運転免許の一例


ハンドルどっち








車輪の数で判断をしないでください
参考資料:警察庁ホームページより
三輪自動車の道路交通法上の取扱いについて
http://www.npa.go.jp/pdc/notification/koutuu/kouki/kouki20000818.pdf

「車両の構造」が、道路運送車両法上では同じであっても、
道路交通法の解釈で、運転免許が異なる顕著な例です。
posted by tanosii50cc at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ・バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月26日

車いすと原付自転車の融合


車いすと原付








側付原付二輪の車輪数が3だから「ミニカー」だと早合点される方がいるが道路交通法では、構造により「二輪」と判断される基準があります。
参考資料:警察庁ホームページより
三輪の自動車の道路交通法上の取扱について
http://www.npa.go.jp/notification.koutuu/kouki/kouki20000818.pdf
「側車付の自動二輪車について
二輪の自動車に側車が付けられたもの。すなわち、側車を外した場合に運転することができるもの」と記載されています。二輪の総排気量から運転免許資格がきめられます。総排気量が50ccを超える二輪についてAT/MTによる免許資格があります。

posted by tanosii50cc at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 車椅子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月28日

2009車山サイドカーフェステバル見学


2009.5.3ヤ山jsc 002.JPG
車山7




車山高原で開催された2009車山サイドカーフェステバルに新井特殊工作・club3が新作サイドカーを発表するとの情報があって見学に出かけた。
側車に操舵装置付きズーマーサイドカーで片道210kmの道のりを8時間かけて到着した。いつまで見ていても見あきない素晴らしいサイドカーばかりで楽しい時間が過ごせた。



車山6











車山5
BMWサイドカーの一番心配しているタイヤの問題を解決した車両に注目、もちろんアールズフォークも注目










車山4











車山3

新井特殊工作のオフロードサイドカー
山菜・松茸狩りに活躍









車山2

新井特殊工作・club3の前に止めて一枚シャッターを押してみました。










車山1
車椅子のまま乗りこんで運転できる私のサイドカーは、一番総排気量の小さな車両であった。

側車に操舵装置(ハンドルバー)を取り付けて運転免許資格について関係省庁の判断を戴いた最初の車両

posted by tanosii50cc at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 車椅子利用者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月06日

側車に操舵装置付きのズーマーサイドカーで鈴鹿サーキット交通教育センターに講習見学に行ってきました


側車乗込み
JDRA(日本障害者ライダース協会)が開催する第二回障害者ライダース・バイクスクールを見学と側車に操舵装置付き原付ズーマーサイドカーの試乗をして感想をいただければと考えて出かけることにしました。
車椅子に乗ったまま側車に乗りこんで車椅子に座ったまま運転できる楽しい乗り物です。
 側車に操舵装置を取り付けた発想の転換で車椅子利用者にやさしく安全に運転できるサイドカーです。


ズーマー2
3日17時20分エンジンに点火して出発 19時50分 小田原に到着54km走ってガソリン1.90リットル補給 23時50分 藤枝まで119km,ガソリン3.26ルットル補給 4日4時5分 安城に到着130km,3.48リットル補給 愛知県に入って1号線はコンクリートの路面である。路面の表面は波をうっていてサイドカーではそれをタイヤの振動として拾い日本で一番走りにくい国道と感じた。7時鈴鹿サーキットに到着片道走行距離385kmを13時間40分で走ったことになる。総排気量49ccでもあなどれない頼もしいエンジンである。

鈴鹿交通教育センター バイクスクールの内容は「講習ではなく運転技能のレベルアップにここまで訓練しているサイドカーやトライクの運転者・所有者は見たことがない」ということが素直な感想だった。ブレーキング・8の字走行・低ミュー走行など安全運転のための危険回避について身体のハンデなどものともせず訓練していた。
当日の内容はhttp://jdra.mo-blog.jp/officialの2008/10/05を参照してください。
日本障害者ライダース協会のホームページの「公式ブログ」の2008/10/5と2009/02/07の動画に真剣な厳しい訓練が映しだされています。一見の価値があります
posted by tanosii50cc at 15:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 車椅子利用者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月28日

側車に操舵装置付きズーマーサイドカーの運転席を乗用車シートに変更してみました。


2007-12-02 本ヤにヤ椅子 後方上から2-1.jpg
乗用車シート側車後部から車椅子のまま乗りこんでそのまま運転出来るサイドカーの運転シートを車いすから乗用車の運転シートに交換して走ってみました。
さすがに乗用車の運転シートは乗り心地がいいね、このまま「障害者ライダー・バイクスクール」http://www.jdra.jp/drsrs2008.htmlを見学に出かけてしまいたい気分だ。みんな運転技術に磨きをかけているのだと感心している今日です。
その訓練内容と動画は下記を参考に2007年9月21日〜28日に
http://jdra.mo-blog.jp/official/2007/09/index.html
こんな訓練は一般でも実施している人は少ないのではとおもいます。
posted by tanosii50cc at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ・バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月16日

側車に操舵装置付ズーマーサイドカーで伊勢神宮参拝に

2007-12-02 本ヤにヤ椅子 後方上から2-1.jpg車椅子のまま側車後部から乗込んで車椅子を固定すれば運転席になる。
側車に取付けてあるハンドルバーで運転操作をすればサイドカー特有の癖は無くなり軽自動車のオープンカーを運転している気分で快適な走行が出来る。
5月2日20時雨の横浜を発った。総排気量49ccで国道1号線をひたすら走る箱根峠・静岡・浜松・岡崎・名古屋・四日市を経由して多気でホテルに宿泊。5月4日伊勢に入る。
皇大神宮の森・木々の緑・澄んだ空気・真夏を思い出す真っ青な空、来たかいがあった。

この車両の運転には普通免許資格(ミニカー)が必要と指導を受けて運転されています。
所有者が上田市八木沢の新井特殊工作に依頼して実現した車両です。

http://www.bristoldocks.jp/new/cont9/club3.html
http://blogs.yahoo.co.jp/ftr250sp/archive/2008/5/19
posted by tanosii50cc at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ・バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月23日

ズーマーサイドカー・アクシスサイドカーは運転免許試験場で活躍


芝崎
二輪免許で運転可能な構造をしたズーマーサイドカー・アクシスサイドカーは運転免許試験場や運転免許センターに用意されていない下肢障害等車椅子利用者の原付・小型限定二輪免許受験のための適性相談車両として貸出しています。条件付免許交付を受けたり、障害等による二輪免許取消しが条件付二輪免許継続が可能などの効果が出てきました。
アクシスサイドカーは平塚市にある芝崎モータースで製作してもらいました。http://shibazaki-motors.web.infoseek.co.jp/
車いすを使っている運転免許合格者の体験報告はhttp://www.animi.jp/news/bf/menkyo.htm


受験経過
posted by tanosii50cc at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ・バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月09日

車椅子利用者がサイドカーで二輪免許( 条件付)受験が可能な理由


連続
道路交通法には下記の定めがあります。
 自動車等を運転しようとする者は、当該自動車等の種類応じそれぞれ免許を受けなければならない。
  大型自動二輪車ーーー大型二輪免許
  普通自動二輪車ーーー普通二輪免許
  原動機付自転車ーーー原付免許
 
 自動車は車体の大きさ及び構造並びに原動機の大きさを基準として区分していますが
  大型自動二輪車(側車付のものを含む)
普通自動二輪車(側車付のものを含む)と定めています。


技能試験に使用する自動車は、その者が運転することが出来る自動車等の種類を限定し、その他自動車等を運転するについて必要な条件を付す場合には、公安委員会が提供し又は指定した自動車以外の自動車を使用することが出来る。

以上の条件から「免許に、その免許に係わる者に身体の状態又は運転の技能に応じ自動車等の種類を限定し必要な条件を付す場合」には、免許受験者が技能試験車両を用意しなければ受験できない現状にあります。

車椅子利用者の中で用意した二輪車両に側車を取付けたサイドカーで条件付二輪免許を受験したいと考える人に利用してもらいたいと考えて車両の貸し出しをしています。
原付免許車両としてズーマーサイドカー
小型限定二輪免許車両としてアクシスサイドカーを用意しています。
これらのサイドカーは
 アクシスサイドカーは平塚市にある芝崎モータースで製作してもらいました。http://shibazaki-motors.web.infoseek.co.jp/
ズーマーサイドカーは上田市にある新井特殊工作に依頼して実現した車両です。
http://www.bristoldocks.jp/new/cont9/club3.html
http://blogs.yahoo.co.jp/ftr250sp/archive/2008/5/19

上記の「側車付を含む」とは二輪に側車を取付けた車両で側車を外して二輪車走行できる場合は二輪免許車両できない場合は普通免許車両と区分する。特殊な構造を除き一般にはサイドカーを二輪免許車両、トライクを普通免許車両と区分されている。
参考資料 :警察庁ホームページより
三輪自動車の道路交通法上の取扱について
http://www.npa.go.jp/pdc/notification/koutuu/kouki/kouki20000818.pdf

三輪の自動車(三輪バイク)の区分の見直しについて
http://www.npa.go.jp/koutsuu/
安全・快適な交通の確保(警察庁)の
 H21.7.4
 三輪の自動車(三輪バイク)の区分の見直しに@に
 図解されています




posted by tanosii50cc at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 車椅子利用者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする